動画詳細

第5話 ディノートとコロンバヌス

前回までのアイオナからウェールズに移動し、ディノートが新たな訓練校を設立した場所であるバンゴー・オン・ディーへ向かうことにしましょう。

 

ディノートはコロンバから訓練を受け、後にウェールズ伝道のため尽力した人物です。

コロンバヌスはバンゴールで訓練を受け、フランスに学校を設立するために旅立ちました。

もはや、この地の若者たちは、アイルランドやスコットランド、ウェールズに出向いて宣教師の訓練を受ける必要はなく、ヨーロッパで最高水準の教育を受けることができたのです。

その後、コロンバヌスはフランス、スイス、ドイツ、イタリアで宣教を行い、ヨーロッパ大陸に訓練所を設立しました。

0 VIEWS シェア 0

お問い合わせ

次の2つのフィールドには何も書かないで下さい

ご意見・ご要望などありましたらお問い合わせ下さい。皆様の声をお待ちしております。