パ-ト1 9, 男の子だったけれども
 

ドクター・メイソン / 8 いいね

ある名野球選手の妻が男の未熟児を出産した。その子は心臓に欠陥をもっていて、それは母親の生活習慣に起因していた。絶望した彼女にメイソンたちが語ったことは。

 
パ-ト1 12, 父と子
 

ドクター・メイソン / 8 いいね

一人のアル中の浮浪者が入院した。彼は、自動車事故で妻子を失い、生きる目的をなくした元実業家だった。ある日、彼宛に匿名で入院費が届いた。

 
パ-ト2 2、希望あれば
 

ドクター・メイソン / 8 いいね

ある新進女涜ピアニストが事故に遭い、両手を負傷する。将来に対する不安に脅える彼女に、失明して入院中のナオミは懸命に、神が与える希望を伝えようとする。

 
パ-ト2 9、神話を越えて
 

ドクター・メイソン / 8 いいね

老年の女流人類学者が悪性挿痔の疑いで手術を受けることになる。かつての教え子デビッドは、恩師の不安をなくそうと神について語ろうとするが。

 
パ-ト2 4、絶望からの出発(たびだち)
 

ドクター・メイソン / 7 いいね

ある夫婦にダウン症の子供が生まれた。彼らは医師の提案にしたがい養護施設に預けようとするが、七歳の娘は反対する。

 
パ-ト2 3、価値ある選択
 

ドクター・メイソン / 6 いいね

幼くして両親に死なれ、祖父母に育てられたテッドは念願の司法試験に受かったが、祖父母が急に病気になり、彼はある選択にせまられる。

 
パ-ト2 5、心の弦の切れるとき
 

ドクター・メイソン / 6 いいね

一人の成功した実業家が、疲労によって精神に異常をきたし入院する。しかし、退院した後、挫折感をおぼえた彼は初めて救いを求めた。

 
パ-ト2 11、そして春になれば
 

ドクター・メイソン / 6 いいね

僻地の医療に携わる医師が、さそりに刺されて僻地のゆえに手遅れで死んだ少女のことで神について疑いを抱くようになる。そんな彼の心の傷をいやしてくれたのは。

 
パ-ト2 12、愛は罪をおおう
 

ドクター・メイソン / 5 いいね

メキシコから密入国し洗車場で働いていた男が、子供を事故から救い、そのために怪我をし入院する。身元を知られるのを恐れた彼は、病院から逃げようとする。

 
パ-ト2 ドクター・メイソン最終話、求めよ さらば・・・
 

ドクター・メイソン / 3 いいね

プロフットボールの選手が試合中に骨髄を凍傷し、体の自由を失い物理療法を受けるが、落ち込む一方だった。ある日、一人の少年の生命の危積を目の当たりにした彼は・・・

 
パ-ト2 10、スケートボードは知っていた
 

ドクター・メイソン / 2 いいね

父親が市会議員に立候補中の少年が、あやまってスケートボードで老人を転倒させてしまう。少年は見舞いにゆくが、彼は重体だった。