第1話 コンスタンティヌス:妥協と論争
 

リニエージ ~真理への道〜 シーズン1 / 11月 25, 2022

ローマの宗教観を大きく変えた、コンスタンティヌス大帝を探る旅に出かけましょう。 コンスタンティヌスは西暦306年のマクセンティウスとの戦いの前、「あなたはこの戦いに勝利する」という神からの言葉を耳にしました。 この出来事は、コンスタンティヌスがキリスト教に改宗するきっかけとなりました。 そしてこれ以降、キリスト教は2つに分かれていくことになるのです。

 
33、人生のターニングポイント
 

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ / 11月 04, 2022

使徒行伝10~11章は、異邦人であるコルネリオの回心の物語です。 今回から3回に分けてこの箇所を学んでいきます。 キリスト教会のターニングポイントとなる異邦人伝道は、ペテロの祈りからスタートしましたが、神様はあなたの人生にもターニングポイントを用意しておられるのです。

 
のりさん&マークの歴史散歩 in 広島三育学院<第2日>
 

のりさん&マークの歴史散歩 / 10月 27, 2022

今回は、広島三育学院で起きた歴史的大事件の話や、この学校で最も大切にしている事柄など、興味深い内容が満載です。大自然の中で明るく生活する小中高校生と、可愛らしいヤギさんも登場します。

 
3、日暮れて四方は暗く
 

バロックの趣 / 10月 07, 2022

「日暮れて四方は暗く(原題:Abide with Me)」は、ヘンリー・ライトによって書かれた詩を元にした曲です。 ウィリアム・ヘンリー・モンク作曲の「 Eventide 」と共に演奏されることが多く、映画「タイタニック」にも印象的な場面で登場しました。 夕べの曲として有名な一曲です。

 
93話 最大の奇跡
 

WELCOME HOME / 9月 29, 2022

聖書の中には、病気が治ったり、海を2つに分けたりする、様々な奇跡の記録があります。 しかし、そのような奇跡を目にするだけでは、人の心が変えられることはありません。 神が起こす最大の奇跡とは何でしょうか?

 
のりさん&マークの歴史散歩 in 広島三育学院<第1日>
 

のりさん&マークの歴史散歩 / 9月 23, 2022

今回の歴史散歩は異例づくめ! 歴史の話は少しだけ、マークも少しだけ? 取材日数は過去最多、そして1日目だけで約43分の長編番組などなど。 広島の自然豊かな山の中にある、全寮制のキリスト教主義の学校「広島三育学院」の魅力と実体を潜入レポートします。 中学から全寮制生活、毎日祈り聖書を学ぶ、広大な山の中、菜食主義、学校も異例づくめ。なぜ、中学からこんな環境での学びが必要なのか、よく理解できる旅の1日目となりました。

 
92話  住みにくい日本?
 

WELCOME HOME / 9月 15, 2022

海外生活の後、日本に帰国した人たちの多くが、日本は住みにくい国だと感じるようです。 その理由は何でしょうか? そして、住みにくさを感じずに生活するためには、どうすれば良いでしょうか?

 
32、仕えるために
 

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ / 9月 09, 2022

「私たちの中から平安が失われてしまったのだとすれば、それは私たちがお互いのために存在しているということを忘れてしまったからです。」 マザー・テレサの言葉です。 使徒行伝には、キリストの心をもって目の前の人々に仕えていった人たちが登場します。 今回はドルカスの生き方に注目してみましょう。

 
異色のプロ卓球選手~英田理志さん
 

これが私のストーリーです This is my story / 8月 29, 2022

2021年の全日本選手権でベスト8まで勝ち進んだ英田選手。東京オリンピックで金メダルをとった有名選手と対戦して勝利した経験をもつ、T.T彩たまに所属するプロ卓球選手です。卓球は、幼少期から本格的に練習を積んできた選手が多い中、英田選手は、牧師の家庭に生まれ教会で育ってきました。卓球界異色のアスリート、英田選手の強さの秘訣と心のよりどころなどについて聞きました。

 
31、自分探しの旅
 

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ / 8月 26, 2022

「自分探しの旅」という言葉がよく使われます。 でも、日常を離れて環境を変えようと、きれいな自然やおいしい食事を味わっても、いろんな人と交わっても、残念ながら本当の自分が見つかるわけではありません。 パウロの「自分探しの旅」は、それとは違っていました。 聖書が教える「自分探しの旅」とは?

 
30、「真すぐ」という名の路地
 

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ / 8月 12, 2022

この世における最大の奇跡とは何でしょうか。 それは、病気が癒されることやペテロのように海の上を歩くことなどではなく、人の心が変えられることだと思います。 花田牧師自身が、統一協会から脱会した後の心の葛藤と重ね合わせながら、パウロの回心について語っています。 神様は心からの祈りを聴いてくださる素晴らしいお方です!

 
91話 1ピースの人生
 

WELCOME HOME / 8月 03, 2022

私たちは将来何が起きるかを知ることができません。 目の前にある状況が暗いものである時、将来に対する希望を持つことは困難です。 しかし、そのような時にもなお希望を持つことができます。 聖書は何と言っているでしょうか?

 
29、荒野に下る道
 

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ / 7月 29, 2022

今回はエチオピヤの宦官が主に出会う物語です。 たった一人の異邦人が救われるために、神様は多くのものを用いられました。 天使、御霊、聖書、馬車、水、そしてピリポを用いて、どこまでも追いかけてくださいました。 同じように主は、あなたを、様々な人や方法を通して導いてくださっているのです。

 
90話 泥だんご攻撃
 

WELCOME HOME / 7月 21, 2022

ふざけて子どもたちを驚かせようと思ったら「迎撃」されてひどい目に遭いました。 備えがなければ結果は敗北です。 私たちの日常生活における目に見えない闘いにも備えておく必要があります。

 
28、バビロンから離れよ!
 

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ / 7月 15, 2022

「教会への聖霊の降下は、未来のこととして期待されています。けれども、今、それをうけることは教会の特権です。求め、祈り、信じなさい。天はそれを与えようと待っているのです。」(エレン・ホワイト)  神様は、あなたに聖霊を注ぎたいと願っておられます。 私たちがどんなに努力しても決してつかむことのできないもの、どんなにお金を積んでも買うことのできないもの――聖霊――を与えようとしておられます。 なぜなら、あなたはイエス様が命を投げ出されるほど愛されている存在だからです。