シェアラッシュ(シリーズサムネ)
%E7%A5%88%E7%A5%B7%E9%80%B1OP%E6%9C%80%E7%B5%82
%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%99_S%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%8D%E5%B0%8F
%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93_%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%95%A3%E6%AD%A9
%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8B%95%E7%94%BB%E9%9B%86
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%99%E3%81%84%E3%81%97%E3%82%87%EF%BC%81
%E4%BD%BF%E5%BE%92%E8%A1%8C%E4%BC%9D%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
01-white_toppan_gothic
op.00_00_34_29.%E9%9D%99%E6%AD%A2%E7%94%BB001
welcomehome

新着動画

第29話 ジュネーブ:改革の国際拠点

リニエージ ~真理への旅〜 シーズン1

第29話 ジュネーブ:改革の国際拠点

スイスのジュネーブは、宗教改革における国際的な中心地でした。 この場所は西ヨーロッパ中で追われる改革者たちの避難所となり、また16世紀における宗教改革の立役者たちの多くも、この都市を訪れました。 「改革者の壁(宗教改革記念碑)」は、プロテスタント宗教改革においてジュネーブが果たした役割を記念するものなのです。

55、聖なる憤り

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ

55、聖なる憤り

愛に満ちたイエス・キリストが憤るようなことはあったのでしょうか? パウロもイエスと同じ「聖なる憤り」を持っていました。 それが彼らを突き動かした大きな原動力となったのです。 「聖なる憤り」とは何なのでしょうか。それはどうやったら与えられるのでしょうか。

第28話 ジャン・カルヴァン:ジュネーブでの働き

リニエージ ~真理への旅〜 シーズン1

第28話 ジャン・カルヴァン:ジュネーブでの働き

ジャン・カルヴァンがジュネーブで行った働きについて探る旅に出かけましょう。 カルヴァンは約30年間ジュネーブに留まり、宗教改革活動を行いました。 この働きにより、この都市は「プロテスタント版ローマ」と呼ばれるほどになったのです。 16世紀、多くの改革者たちは各国からこの都市を訪れました。 カルヴァンの影響力は広範囲に及んだため、彼は国際的改革者とも呼ばれています

54、患難を超える信仰

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ

54、患難を超える信仰

聖書は神の約束の本です。 神の約束が、すべてイエス・キリストによって守られた事実が記録されています。 これまで約束を果たし続けてくださった神は、世の終わりまであなたと共にいると約束してくださいました。 だから、私たちは終わりの時代の患難を恐れる必要はないのです。

第27話 フランスのプラカードと抗議運動

リニエージ ~真理への旅〜 シーズン1

第27話 フランスのプラカードと抗議運動

フランスの宗教改革を探る旅へ出かけましょう。 16世紀、フランスのパリで起こった宗教改革は、決して順風満帆なものではありませんでした。 プロテスタントとカトリックの間には、強い緊張と対立があったのです。 迫害によってプロテスタント達は国外逃亡を余儀なくされ、結果として多くの技術や知識が国外に流出することとなりました。

53、獄中からの讃美

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ

53、獄中からの讃美

第26話 ジャン・カルヴァン:フランスでの青年時代

リニエージ ~真理への旅〜 シーズン1

第26話 ジャン・カルヴァン:フランスでの青年時代

ジャン・カルヴァンの生涯を解明する旅に出かけましょう。 フランスのパリ近郊のニヨンに生まれたカルヴァンは、幸福な人生を送る可能性を大いに秘めていました。 教育環境に恵まれ、12歳の時には地元の教会で聖職者にも任命されたほどです。 彼は元々、ルター達の活動には批判的で、その教義を信じる者は火あぶりの刑に処されて当然だと考えていました。 しかし、カルヴァンは紆余曲折を経て、偉大な改革者となるのです。

Waiting and Watching・待ち望みます~ Present in Hymn

歌のグループからこんなメッセージと共に、素敵な賛美動画の投稿がありました。 「Present in Hymnです! イエス様の再臨を待ち望む曲です。日本では知られてない英語の賛美歌を翻訳して賛美します。」 確かに、日本ではあまり耳にしない新鮮な賛美歌ですが、海外では以前から親しまれている曲のようです。 新しい年を迎えるこの時期、イエスさまのご再臨も一年一年近づいていることを覚え、 心温まるこの賛美を観ながら、主の来臨の備えを喜びをもってしていけたら良いですね。 歌:Present in Hymn