Thumbnail S2
シェアラッシュ(シリーズサムネ)
%E7%A5%88%E7%A5%B7%E9%80%B1OP%E6%9C%80%E7%B5%82
%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%99_S%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%8D%E5%B0%8F
%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93_%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%95%A3%E6%AD%A9
%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8B%95%E7%94%BB%E9%9B%86
%E4%BD%BF%E5%BE%92%E8%A1%8C%E4%BC%9D%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
01-white_toppan_gothic
op.00_00_34_29.%E9%9D%99%E6%AD%A2%E7%94%BB001
welcomehome

新着動画

第5話:ラ・パス オオハシ ー特別な体験ー

アニマル・エンカウンター~奇跡の大自然 コスタリカ編

第5話:ラ・パス オオハシ ー特別な体験ー

今回の主人公は、大きなくちばしと、鮮やかな色が特徴のクロハシオオハシです。この鳥が目の前に!触ったり餌をやったり特別で感動的な体験が彼女たちを待ち受けています。その愛らしさは必見です。しかし、このオオハシ、悲しい経過を経てここに来たのです。

57、肉の人から霊の人へ

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ

57、肉の人から霊の人へ

聖書は、人間には3種類の人(「生まれながらの人」「肉の人」「霊の人」)がいることを教えています。 初代教会のクリスチャンたちもそうであったように、この違いを理解することは、私たちの霊的な成長へとつながっていきます。

第4話:ハチドリと蝶 ー驚きの生態ー

アニマル・エンカウンター~奇跡の大自然 コスタリカ編

第4話:ハチドリと蝶 ー驚きの生態ー

女性3人のコスタリカ自然探究の旅、今回はハチドリと蝶に会いに行きます。 前回訪れたラ・パス滝からさらに山奥に入ったところにある、観察施設です。 ハチドリが手に持ったえさ台から蜜をすい、大きな蝶が体にとまるさまは、なかなか日本ではみられない、感動と至福の光景です。 ぜひ、ご覧ください。

第3話:ラ・パス滝  ー 大きな意味あるもの ―

アニマル・エンカウンター~奇跡の大自然 コスタリカ編

第3話:ラ・パス滝 ー 大きな意味あるもの ―

今回は、コスタリカでも有名な滝庭園を訪れます。壮大な滝と熱帯雨林の中で、女性3人はとても崇高な感情を抱きます。 前回新しく仲間に加わったカロ、そして以前からの友人ガビとカシラは、何を感じ語るのでしょうか?

第2話:ポアス火山 ー 新たな出会い ー

アニマル・エンカウンター~奇跡の大自然 コスタリカ編

第2話:ポアス火山 ー 新たな出会い ー

コスタリカの自然を語る上で、火山は重要な位置をしめます。女性2人の冒険の旅は、活火山の火口を見に行くことから始まります。 そこで、奇跡的な2つの出会いを経験するのです。感動必至の第2話です!

第1話:再会 ー 新たな冒険の始まり ー

アニマル・エンカウンター~奇跡の大自然 コスタリカ編

第1話:再会 ー 新たな冒険の始まり ー

ガビとカシラは、一緒に新たな冒険をするために、ドイツとブラジルからコスタリカに到着します。しかし、そこで大問題が!! 予想だにしなかった旅の始まりとなりましたが、ここから、大自然や様々な人たち、動物たちとの素敵な出会いの冒険の旅がスタートするのです!

第30話 スカンジナビアにおける改革

リニエージ ~真理への旅〜 シーズン1

第30話 スカンジナビアにおける改革

16世紀、プロテスタントの宗教改革はヨーロッパ全土を席巻しました。 これまでに見てきたように、ドイツ、スイス、イギリス、スコットランドでは紛争と殉教が多くを占め、宗教改革の歴史は迫害の歴史でもありました。 しかし、北欧諸国ではより平和的な形で、それらを定着させたのです。

56、恐れるな。語り続けよ。

聖霊と共に歩む人生の旅~使徒行伝シリーズ

56、恐れるな。語り続けよ。

私たちは、「神様、いったいなぜですか? どうしてこんなことが許されるのですか?」と叫ばずにはいられない、そんな経験をすることがあります。 しかし、すべてをご存じの神様はあなたにこう語りかけられます。 「恐れるな。語りつづけよ、黙っているな。あなたには、わたしがついている」と。 今回も、神の言葉によって励まされていった使徒たちの歩みを見ていきましょう。